安全への取り組み

 当社は本土と佐渡島を結ぶ、一般旅客定期航路事業並びに内航海運業を営んでおり、島民の生活航路として、また、観光客やビジネス関係の足として、高い公共性を有する海上交通機関であります。
 このため、安全で安定した運航を提供することは、当社にとって重要な使命であると同時に、企業経営の根幹と捉えております。また、安全は当社をご利用下さるお客様にとって、最も基本的なサービスと考えております。
 安全で安定した運航を確保していくためには、経営トップが「安全方針」を設定し、これを全社一丸となって着実に実現していくことが不可欠となります。
 さらに、安全管理規程に基づいて構築した安全管理体制を確実に機能させるとともに、経営トップ自らが常に事業の安全に関心を持ち、報告された課題の把握と分析を行い、その分析結果に対応した改善策を的確かつ迅速に実行していくことが必要となります。
 これらの施策を積極的に展開していく中で、全社員に対して安全意識の浸透を図り、社内に安全風土・安全文化が定着するよう全力で取り組んでまいります。

安全方針

  1. 安全で安定した運航を確保するために関係法令及び社内規程を遵守し、また、安全最優先の原則を厳守する。
  2. 構築した安全管理体制の継続的な見直し・改善を図るため、PDCAサイクルを確実に機能させる。
  3. 貨物船部門は、運輸安全マネジメント評価の結果を受けて、安全管理体制の構築に向けて、PDCAサイクルを実行する。
※PDCA サイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の 4段階を順次実施し、らせんを描くように同サイクルを向上させ、安全管理体制の継続的な改善を目指すものである。

安全重点施策

    • 船舶部門(旅客船及び貨物船)
    • (1)旅客船部門全体では、リスクマネージャーと連携し、ヒヤリハットレポート・ニュースに基づくグループディスカッションの実施により事例情報を共有するとともにヒューマンエラー対策として、積極的なチャレンジを励行することによりBRM活動のスパイラルアップを図る。また、個人レベルのヒューマンエラー対策としてメリハリのある「指差呼称」と作業前の危険予知の確実な実行に取り組む。
    • (2)ジェットフォイルでは加えて鯨類との衝突対策として、目撃情報、ハザードマップを活用した適切な減速区間を設定、厳守することにより衝突回避を図ると共に、シートベルトの着用と減速区間航行時の注意喚起を徹底し、乗客・乗員の被害軽減を図る。
    • (3)貨物船は、「安全最優先」を原則として何でも話し合える明るい職場環境をつくり報告・連絡・相談を確実に行う。また、集めたヒヤリハットを分析し事前の対策と危険の認識を深めることで重大な事故を未然に防ぎ、「指差呼称」を各作業マニュアルに反映させて確実に実行する。
    • (4)以上により、年間におけるヒューマンエラー事故件数を旅客船部門は3件以下、貨物船部門は0件とする。
    • 陸上部門
    • (1)陸上部門は荷役作業については「フォークリフト運転マニュアル」を徹底遵守することにより、荷役作業中事故の撲滅を図る。
      また、ヒヤリハット情報を活用した「安全に関する話し合い」を推進するとともに、事例情報の分析からヒューマンエラー対策を策定・実践することにより、組織全体の安全風土の強化を図る。
      加えて、個人レベルのヒューマンエラー対策として、メリハリのある「指差呼称」の徹底実施に取り組む。
      以上により、年間におけるヒューマンエラー事故件数を5件以下とする。
※BRM(Bridge Resource Management):ブリッジ・リソース・マネジメント
 ブリッジ(船橋)で利用可能なリソース(資源:人・物・情報)を操船実務者のメンバーが、安全意識及び安全行動として有効に活用するための手法。

※チャレンジ
 下位者から上位者への安全の主張と積極的な進言。