Spot Guide

佐渡金銀山

世界文化遺産登録を目指す「佐渡金銀山」

佐渡の相川金銀山は、江戸時代から1989年の操業停止まで、全国最大の金銀山として78トンの金と2,330トンの銀を産出しました。江戸時代には徳川幕府の管理下で、採掘から小判製造に至る一連の作業が行われました。明治維新以降は西洋から最新技術が導入され、日本の近代化に大きく貢献しました。
山の頂部は斧で割ったように見えることから「道遊の割戸」と呼ばれ、佐渡金銀山の象徴となっています。
「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」という名称で世界遺産暫定リストに記載され、世界遺産登録を目指しています。

 


(左)江戸時代の坑道「宗太夫間歩」を公開。リアルな人形で働く姿を再現 (右)離れてみることで「道遊の割戸」の割れ目がはっきりと見える

 

住所・TEL
住所:新潟県佐渡市下相川1305
TEL:0259-74-2389(株式会社 ゴールデン佐渡)
HP :http://www.sado-kinzan.com/

定休日
年中無休 予約不要(一部ガイド付コースは要予約)

営業時間
8:00~17:30(4月~10月)、8:30~17:00(11月~3月)

アクセス
【交通案内】両津港から車で約50分
【最寄りのバス停】佐渡金山前(本線、七浦海岸線)から徒歩0分
【駐車場】乗用車:500台 大型バス:23台

その他観光スポット

尖閣湾揚島遊園

佐渡の中でも特に絶景と言われる尖閣湾。海中透視船で海の散策。水族館では、珍しいイカの遊泳見学やドクターフィッシュ体験も出来ます。

佐渡版画村美術館

建物は1888年に建てられた文化財。約300点の版画を展示。佐渡らしい手作り版画カレンダー、グッズの販売、版画体験(予約制)も。

めおと岩ドライブイン

七浦海岸の景勝地「夫婦岩」、絶好のロケーションを眺めながら新鮮な魚介類をお楽しみ下さい。お買い物もできます。